石とMSX

松本丈樹ローテク製作記


<< Wonder festival 2007 [summer] | main | 久しぶりのオークがコレか >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





ファンダムReborn-83 - REAL VOLLEY -

 ワンフェス終わってから、精神も肉体も結構ダメくんだったので、更新もサッパリくんでしたという、どうでもいい言い訳をバシッと決めたところで本題。先日友人と家で飲む機会があったのでこれ幸いと対戦ゲームをレッツ。今回は「REAL VOLLEY(リアルバレー)」(製作 SILVER SNAIL スーパープロコレ4収録)で松田聖子と藤井隆で客呼べるんだね知らなかった。
 結構いいシートーになったのに同年代の友人と家でMSXで遊んでるのもどうかと思いますが、まあそれも贅沢の内の一つ。この代償は結構大きいような気もします。でも仕方ないのでゲームの内容に。見ての通りの対戦型バレーボールゲーム。1チームは3人で、それぞれ役割分担されていて、下キーで操作する人間を切り替え。各役割によってアタックやらブロックやら様々なアクションができ、リアルな棒人間の動きと相まってかなり本格的なバレーボールゲームになっています。最初はろくすっぽレシーブすらできませんが、徐々に慣れてくるとトスを挟んでアタックまで持ち込めるようになり、かなり白熱した対戦ができるようになってきます。友人と対戦した時は、単にレシーブ、トス、スパイクという流れをこなすだけでなく、レシーブで直接返したり、ブロックしたりと攻撃にバリエーションをつけるところまで行きましたが、ファンダムの解説を読むかぎりもっと多彩な操作方法があるようなので、もっとやり込めるようです。
 こういった対戦ゲームは、なかなか実際に遊ぶ機会がこないので滅多に面白さを確認できないのですが、このゲームの面白さを今まで知らなかったのはちょっと悔しいくらい面白かったです。対戦相手の友人も高評価。操作の難しさも、慣れてきて上手くいった時の爽快感につながるので、これもまた良い感じです。せっかくなんで今度遊ぶ時は、始める前にジャニーズの曲でもかけて、二人とも苦々しい顔をしながら対戦を始めようかと思います(毒)。
posted by 松本丈樹 01:35comments(1)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 01:35 |-|-


この記事に対するコメント











スーパープロコレ4もってたりします
MSX・FAN私が定期購読してたのはディスクがついてからしばらくしたころなんですね、
あとはファンダムライブラリー5発効日見たら平成元年6月30日だった
これに載ってたバトルマンってRPG 26画面もあるプログラムうちこんでバグも取ってさあやりこんでクリアすっぞ意気込んでプレイ。
結果から言うとボスはどうしても勝てませんでした結局いんちき改造でうりゃっと倒せるようにしてエンディング音楽を聴いたような、、
シルバースネールの大魔道氏やたら強くて攻略をあきらめかけていたけど続きをやってみようかと思います今度はプログラム改造なしで行く気
ずるい大人のどこでもセーブは使いまくりですが
それはそうとファンダムゲーム紹介「遠浅の海の戦い2」お願いていいっすか操作とかどうだったかなので、、
のふ | 2008/05/29 11:02 PM


この記事のトラックバックURL
http://stone-msx.jugem.jp/trackback/283