石とMSX

松本丈樹ローテク製作記


<< 付録で十分です | main | 有言不実行 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





しばしの別れ

 終わりゆくものは仕方がありません。受け手ができることは、お金を払うか払わないかだけです。払う人が減ったので、ついに私の少年時代から共に歩んで来たMSXとの別れの時が来ました。新作ソフトも無く、後継機も出るわきゃない状況で、事実上MSX-FANの休刊が、私の中でのMSXの終焉の時です。終わりへのカウントダウンの中、Mファンの欄外では読者からのMSX応援の声と、各方面への恨み辛みに溢れています。初めは共感していたものの、次第に自分との微妙な方向の差に気付き始めました。そしてMファン最終号である1995年8月号が発売されました。すごく悲しいような気がしましたが、しかしそうでもないような気もしました。付録ディスクの「ローラーボール」を延々やりました。
 その日以来、MSXはただのコンピューターになりました。ゲームとCG、ワープロとしてはしばらく使いましたが、ウィンドウズ機という、やはりただのコンピューターを買ってからは格段に使う機会が減り、RGB端子の付いていたテレビが故障してからは、一度も起動しませんでした。ただのコンピューターとしては、MSXはどうしても劣っていました。


 それからかなりの年月が経ち、造形に魂を売ってからしばらく経った時、MSXマガジンが復活したと聞きました。へー、と思いましたが、特に手に入れようとはしませんでした。また数年経ち、偶然本屋で見かけたMSXマガジン永久保存版3を買ったとき、またMSXユーザーになろうと思いました。やっぱり私にとってはMSXはただのコンピューターではなかったからです。
posted by 松本丈樹 03:05comments(0)trackbacks(1)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 03:05 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://stone-msx.jugem.jp/trackback/72


●CASIO PV-7
MSX1RAM8KBくらいだったかな? ディスプレイはTVにRF接続で映すもの
オイラのPC史 | 2005/09/04 6:45 AM